家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?グラスサラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

屋上防水

屋上・ベランダ防水の膨れ・剥離の修理と考え方

 

屋上・ベランダ防水の膨れ(通気緩衝工法)


防水にもウレタン・FRP・シート防水と種類が多くあり、
どの防水が良いかは既存防水や室外機・配管パイプなどの現場状況に
より判断します。

ただ、多くの雨漏り修理を経験し、学んだ事は、
シンダーコンクリート(床)内部の水分を床から外部に
逃がす仕組みが必要であり、防水層の剥離や膨らみを防止する事がベスト。

出来るだけ分かりやすく説明すると、
床内部の水分が太陽光で熱せられると
外部に逃げようとする力が働きます。防水層が
昼間に熱せられて膨れ、夜には冷えて伸縮することを繰り返す
ことで、いずれ防水層が破断し、破断した箇所から雨水が浸入して
雨漏りをひき起こす可能性があるからです。

床の大きさや形状の違いにより、
密着工法でも問題が無い案件はありますが、通気緩衝工法なら
膨れや破断のトラブルが少なく、防水層を長く持たせることが可能になります。



WS000033
通気緩衝工法説明図

ただし、密着工法より
工程が増える事から、金額が高くなるデメリットがあり、
現場の状況とお客様の希望も含めた提案が必要になります。

 

通気緩衝工法の施工と工程

 

まず防水層の剥がれた部分を撤去し、
カチオンフィラー(モルタル系の密着素材)を塗布、

旧塗膜との縁を切ります。この作業によって、旧塗膜の干渉が抑えられ
塗布したカチオンフィラーと新設する防水層との密着力を上げる事ができます。

IMG_2385  IMG_5197

カチオンフイラーの施工後
通気緩衝シート及び脱気筒の設置を行います。写真1の脱気筒は
水分を外部に排出する理想的な施工位置から少しだけ外れていますが、
今回は洗濯物など屋上の利用頻度が高く、脱気筒に足がつまずき転倒の危険性を
避けるため、安全な位置を優先しました。   

IMG_5200  
写真1 赤矢印:脱気筒

IMG_5195
写真2:通気緩衝シート

次に、屋上の雨水を樋に逃がす改修ドレンを設置します。
もし、既存ドレン(排出口)が経年劣化すると、ドレンの傷んだ部分から雨水が漏れ出し
漏れた雨水が壁内部に滴下すると、雨漏りが発生
する事になり、防水層を新設する上では
欠かすことのできない作業となります。

IMG_1011  IMG_1014

上記写真2の
白いマットが床から水分を逃がす通気緩衝シートです。
最終的に水分は筒状の脱気塔(写真1:赤矢印)を抜けて、外に逃げる仕組みです。

ここまでが新たに作る防水層の下地処理になります。

1.防水層の剥がれた部分を撤去
2.カチオンフィラー(モルタル系の密着素材)を塗布
3.プライマーを塗布
4.ドレン設置
5.通気シートの設置

IMG_4120  IMG_4123
写真:ガラスマット施工

ガラスマットの上にFRP防水の樹脂を流し込みます。
建物の動きから網目状のガラスマットが防水層の破断を防ぐ効果があると
共に防水層の膜厚を一定以上、均一にする役目もはたしているといえるでしょう。

IMG_5196
写真3:ガラスマットにFRP防水を塗布

写真3の半透明の状態で防水機能としは完成ですが、
樹脂は防水機能に特化しているため、紫外線に弱く
太陽光にさらされると、防水層の劣化が一挙に進んでしまう
事から、着色と保護を目的としてトップコート(グレー)を塗布します。

壁と防水の取り合いは
端末金物で防水を押さえこみ、防水層と
下地の間に雨水が回らない様に押さえ金物で処理します。

笠木がある場合は、笠木を外し写真4の赤矢印の位置(天端)まで
防水を施工した上で、元通り笠木を復旧する事から、押さえ金物は使用しません。
(笠木の雨仕舞については、後で詳しく説明します!)

IMG_3995
写真4 赤矢印:押さえ金物

IMG_4380
写真5 トップコート施工

6.ガラスマット
7.防水樹脂
8.トップコート
9.防水層の見切りに端末金物を固定

9工程で完了です。
床の上に、単純にプライマー・防水・トップコートの
3工程で済ませるものから通気緩衝工法の様に9工程まで工事内容は様々です。

新築工事では建物のコストの兼ね合いから
通気緩衝シートを採用している事は少ないと思いますが、工程を踏み、
丁寧に収めた工事をおこなうと、先々のメンテナンス費用は格段と下がります。

屋根と同様に、
夏の暑い日差し・冬の冷たい雨・雪などにさらされる
屋上やベランダの過酷な環境は壁面の1.5倍の劣化が進むといわれ、
防水層の9工程が・・・けして、やりすぎという施工工程ではありません。(^^)

 

脱気盤でなく脱気筒を施工する理由と注意点

脱気筒と同じように床の水分を逃がす脱気盤というものがあります。
脱気筒の様に筒が突出していない事から、足がつまずく危険性は低いのですが、
床からの高さが数センチ程度しかなく、降雨量が多いと床に溜まった雨水(プール状態)が
脱気盤の水分出口より逆流し、通気緩衝シート内部に流下、さらに、シンダーコンクリート
内部に雨水が到達すると雨漏りを引き起こす可能性がある事から、弊社では使用を控えています。

WS000036 

ただし
誤解が無いように説明すると、脱気盤そのものの品質には問題はありません。
ドレンに落ち葉・ゴミ等の影響で排出が悪くなっている事がない限り、床に溜まる
雨水がベランダ・屋上でプール状態になる事は、あまり考えにくい現象ですが、昨今の
ゲリラ豪雨など、信じられない降雨量を想定すると脱気筒の方が安全であるという結論です。

なので、現状で脱気盤が設置されている場合は少し面倒ですが、
ドレン(排出口)のゴミ等の詰まりは、マメに掃除をする事が望ましいと考えられます。

 

笠木内部の雨仕舞と必要性

 

雨漏りが屋上から発生した事で
以前から付き合いのある建設会社に屋上の防水工事をオーナー様が
依頼したようですが、防水施工後も雨漏りが止まらず、私に問い合わせがありました。

確認すると笠木の腐食により
雨水が浸入口となっていた事が確認されました。

オーナー様と建設会社の防水施工についての
取り決め過程は分かりませんが、雨漏りが発生し、屋上防水を
改修する場合は、笠木部分まで防水を施工する方が良いと考えられます。

IMG_5121

笠木を取り外すと
笠木下地の天端に雨水が回り込んだシミ跡が確認出来ます。

IMG_5134  

笠木下地に新しく防水を施工します。
今回は下地の形状が悪い事から、シート防水による施工です。

IMG_5146
赤の矢印:ブチルテープ

笠木の高さを調整するために胴縁(木材)を使います。
この時、ビスをシート防水に貫通させる部位にはブチルテープにより
ビスを巻き込みビス穴を埋める(塞ぐ)状態であり、万が一、笠木内部に
雨水が回り込んでも、ビス穴に雨水が浸入する事はありません。

IMG_5156

その後、仕上げ笠木復旧の段階で
ビスが笠木天端に穴を開けない様に施工する事が肝心です。

 

>>ホームへ戻る
cv_bnr
PAGETOP
Copyright © (有)グラスサラ All Rights Reserved.