先日、神戸特別支援学校に塗装のボランティアに行ってきました。
13日・20日は関西メンバーによる下地処理などをおこない
6/21日が本番で約100名ほど参加する大掛かりなボランティアになりました。

そのためか、NHK・読売新聞・地方紙と今回は取材も多かったと思います。
「カメラの前をうろうろしてたんでしょう」などと冷やかされましたが・・・
きっと真剣な仕事ぶりが目に止まり
NHKの放送に映ったのだと思います。・・・たぶん(笑

IMG_0908

 あれから20年もたつ・・・地震と言うものが
これほど恐ろしいものだと初めて認識したのが震災でした。
それまで、グラッと揺れた経験しかなく、地震・雷・火事・おやじなどの
順番に地震がトップに来る意味が解らなかったくらいです。

 震災から数か月後、どうしても外壁の工事をしてほしいと知り合いから頼まれ
断り切れずに現場確認に行くことになったのですが
倒壊寸前の家の前を何キロにも渡って現場に着くわけで・・・

もしここで、大きく揺れる事があれば間違いなく家が倒れて下敷きになると
身の危険を肌身で感じたほどでした。
知り合いの家ですが、ローンで家を買って2年前に火事で家を建て直して今回の震災
どんな顔して話を聞いたらいいのて感じでしたが・・・

「家には縁が無いみたいだけど、2度の災難も家族が全員無事だったから私は幸せだと思う」
お父さんの方は凹みまくりでしたが・・・
そう話したお母さんが凄く印象的で、この言葉で工事を請負ことを決めました。(^^)

 IMG_0898

ボランティア活動をやっている事を同業者に話すと
「なにか儲かる仕組みでもあるのですか?」て不思議な顔して聞かれますが
そんなものあるわけない・・・あったらボランティアじゃ無いし (笑

疑問に感じるなら騙されたと思って参加してみると良い
自分たちの技術がこれほど人に喜ばれる力がある事に気がつくはずである。
一部、心無い業者がテレビで報道されていた事は別として・・・

思い出してほしい阪神大震災の後に
神戸に入った私たち職人をどれほど町の人が歓迎してくれたかを

 WS000002


倒壊しかけている家のそばで作業を行う事がどんなに危険であるかは
職人であれば十分に知っていたはず。

高速道路も寸断されて、大阪から片道3時間以上かかって被災地に入ったことを・・・
そこで作業を行うリスクと効率を考えれば、お金では割り切れない話である。
街の復興に役立つことが誇りにさえ思う純粋気持ちがなければ説明が付かない。

20年前の復興に関わった職人ならば理解するのに難しい話では無い
人の笑顔のために汗を流せば・・・全てを思い出す(^^)
もし一つだけ、よこしまな気持ちがあるとすれば・・・出来るだけテレビに映りたい・・・(笑