家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?グラスサラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

どの調査方法が優れているか?

 雨漏り調査の種類

雨漏り調査の方法は
何通りかありますが代表的な調査方法が、以下の3点です。

1. 水を直接かける散水調査 
2. カメラで場所を特定させようとする赤外線調査
3. 水に蛍光塗料を混ぜて場所を特定させる調査  

1番の散水調査は入り口であろう部分に
直接、試験水をかけて雨漏りを再現させる方法です。

s_2012_1220_143814-DSC02218

2番の赤外線調査は表面温度
温度差により、浸入口を確認する事を試みる調査になります。

 

FLIR0496 ➡ FLIR0495 

3番は浸入口であろう部分に
蛍光塗料を混ぜた試験水を散水して場所を特定しようとするものです。

調査方法より大事な事

 

色々な調査方法があるのだと感じるでしょうか?
実際、ネットで検索してお問い合わせを頂くお客様からすると

かなり迷うみたいで・・・

「どの雨漏り調査方法が優れているの?」
聞かれますが、正直な話し、どの調査方法を選んでも問題は無いと思います。

もちろん、いい加減な話をしているのではなく
調査方法は原因(浸入口)を見つける一つの手段でしか無く
もう一つ調査方法を左右する、とても大事な視点が存在します。

例えば、
性能の良い車を持っていても100%の力を
発揮するには機械の性能だけでなく、運転する人の能力も大きく左右する
のではないでしょうか? だとすると、調査方法の手段より、個人の調査能力や
知識の高さ
を判断基準とする事が、雨漏り原因を解決する早道であり、大事なポイントです。

image016

 

 

 

 

 

 

 

知識や調査能力をどの様に判断するか?

一つの目安として
雨漏り調査・修理の件数をどれほど経験しているか?
個人のホームページやブログの詳細をよく見て、専門知識・調査能力を確認してください。
キャッチフレーズなどに振り回される事なく、実際の修理や散水調査の投稿などから経験値を確認する。


WS000067

二つ目は、何かの資格を持っているか?
私の場合、雨漏り診断士の資格を持っていますが、もし、
それ以外の雨漏りの資格があれば確認する事です。決して、資格がなければ、
「雨漏りが治せない」というわけではありません。ただ、お客様から見て、
資格の有無は最低限の知識は持つであろう、

 まとめ

 

実は数年前に赤外線(サーモグラフィ)器具を
購入していますが、現在は散水調査を基本調査としています。

表面温度を確認できる赤外線は散水調査の
補助的な役割にはなりますが、散水調査による再現ほど、
お客様が調査内容に納得していただけ、手ごたえを感じる調査だからです。

また、蛍光塗料を使った調査でも
浸入口を絞り込める能力が高い事が必須条件になる事から
通常の散水調査と、根っこの部分の専門知識という所では同じだと思います。

もちろん、私はこのように感じますが
一番はお客様にとって分かりやすいと感じる調査内容を選ぶのが良いのかもしれません。

 

雨漏り再現・散水調査動向

 

16年間見つからなかった雨漏りを再現

1F和室のサッシュ枠の上部より雨漏りがありました。
実は木造の場合、通常1Fの雨漏りは2Fに原因があるとみなします。
ところが原因は3Fの窓にあり、
弊社以外の方が色々な調査方法で侵入経路を見つけれなかった理由です。

正直な話かなり手強かったのですが、侵入経路を確認できたのも、
雨仕舞などの知識と今までに積み重ねてきた調査経験が、雨漏りを再現できたと思います。

以下がその時のお客様の感想です。

お客様の感想

>>ホームへ戻る
cv_bnr
PAGETOP
Copyright © (有)グラスサラ All Rights Reserved.