「雨漏りを解決するのは簡単で塗装をしながら見つけます。」・・・
先日、受注をいただいたお客様から聞いた、相見積の相手の説明です。
まず、お客様が相見積をするのはしかたが無い事だと思う。

だれでも適正な価格以上の買い物はしたくはないし 、
出来る事なら、安く品質の良い、掘り出し物を手にしたいと願う。
もちろん私も買い物をするときは、お得感がないかと考えるし、当然の心理だと思う。

 

工事の説明で雨漏りが難しいと言ったのは、私だけのようです。
お客様には、他の業者の説明に対して触れませんでしたが 、
「雨漏りを解決するのは簡単で塗装をしながら見つけます。」などの
説明に対して、 自分の見解をお話します。

原因が分からないまま塗装工事を先行させ
サッシュ枠本体から漏っていたら、 サッシの交換が必要であり
当然ですが壁に塗装をしても止まりません。
雨漏りを理解しているつもりでも、実はまったくスキルが無いという事になります。

たとえば 塗装の仕事も、ホームセンターで材料を買ってくれば、
素人でも塗れないことはない 。
だが、人にお金をもらう以上は、クオリティーと言うものが必要です。

ボロボロに剥がれた塗膜の上から塗ったり、余計な所まで塗料を飛ばしたのでは、
塗ったと言う事実は残るものの、プロの仕事とは縁遠いものです。
ましてや、近所の人に褒められたことが自信になっているのであれば、大きな勘違いであろう。

本当に簡単なものか?・・・突き詰めた先にこそプロと呼ばれる領域がある。
雨漏り修理も同じことが言える。
「たまたま止まった」と言う事実が妙な自信につながって、簡単だと思い込んでしまう。

不具合は別として、建てて10年以上も過ぎれば何処かと経年劣化が進むわけで、
南面から雨漏りすれば、他の面も雨漏りをする条件は 整っていると考えてもおかしくない。
もし一つだけ雨漏りを絶対に止める方法があるとするならば、どんな方法でしょうか?

それは家を建て替える事である・・・「ばかな」と思うでしょう。
「一生かかって払うローンを建て替える余力があるか・・・」と怒るでしょうか?

そう!! なので限られた予算の中で雨漏りを止めようとするところに矛盾があり 、
その矛盾にならないように神経をすり減らす作業をするので 、当然ですが簡単なはずがない。
おそらく彼らも悪気がある訳ではありません

ただ、悪気なく話すので真実のように聞こえてしまう怖さがあります。
多くの確かなプロたちが共通して必ず言う事は、「工事の前に原因を突き止める」です。
少し思いを熱く語り過ぎたかな・・・(苦笑
ガチの話はこの辺にしときますね。(^^)