瑕疵保険について、ご相談・問い合わせが多い事から
参考になればと思い、ここで少しお話します。

住宅瑕疵保険と言っても、聞きなれない言葉だと思います。
瑕疵(かし)とは、一般的に「欠陥」を意味する言葉ですが、その瑕疵の一つに
「雨水の浸入を防止する部分」に対し、10年間の保証を売主に義務付けています。

義務化された理由は、業者が倒産・廃業をすると、交わされた自社保証も消えてしまいます。
なので、消費者保護の目的で業者が倒産・廃業しても、
瑕疵について工事代金が お客様に直接支払われる、第三者保証制度が住宅瑕疵保険です。

 この法律が義務化されたのが
平成21年10月1日以降に引き渡された物件が対象で
平たく言えば、これ以降の新築住宅であれば雨漏りを保険で治せるというものです。

1.新築住宅

新築の保険対象となる法人格は、(株日本住宅保証検査機構・(株住宅あんしん保証・
(株ハウスジーメン・住宅保証機構(株・ハウスプラス住宅保証(株の
5社あり家を買うときはいずれかの保険に加入する事になっています。
                         (リフォーム瑕疵保険についても同じ)

 この中の幾つかの保険会社と御縁を頂き、お仕事をさせていただいた経験があります。
また、保険に加入されている お客様から弊社に お問い合わせ・ご相談から
雨漏り調査の依頼を頂く事があり、保険会社に提出する大変な書類も数多く経験して
いるので報告書の内容は解りやすくポイントをまとめて作成する事が出来ます。

2.中古住宅(既存住宅)

新築物件を買う お客様は保険に入っていることで
万が一雨漏りが起きた場合、精神的なショクを受ける事は別として
金銭的には免責部分を除いて、保険で賄え 負担はかなり軽減されます。

ですが中古住宅を購入した場合は
義務化されておらず、建物の瑕疵すべての負担を背負う事になります。
ただし、不動産業者から購入する場合は宅建業法で2年間の瑕疵担保があります。

新築であれ中古住宅であれ一生の安住の地として選んだマイホームに
不具合が生じたら金銭的な問題だけでなく、精神的なショクも計り知れません。
もし、中古住宅を購入する場合は任意でリフォーム瑕疵保険5社から
既存住宅売買瑕疵保険があるので、ご確認ください。

WS000047
                                  国土交通省図解参照

3.リフーム瑕疵保険

 リフォ-ム瑕疵保険の義務化は、ようやく
検討の段階に入ったところで現状は、義務化はされていません。

弊社の考えについて述べれば、多くの雨漏り修繕工事を
請負ている以上、義務化されていても義務化されていなくても
お客様の安心を第一に考え(株 日本住宅保証検査機構(JIO)・
(株 住宅あんしん保証の登録業者として加入しています。

この制度に加入するためには、会社の実態・財務内容・創業年数などの厳しい審査を経て、
リフォーム工事瑕疵保険保険(第三者保証制度)に登録する事が可能であり
会社の体質として健全である事の証明になります。

4.総括

最後に瑕疵保険は雨漏りが発生して
1度使用した修理箇所に対して保険を使う事ができません。
なので、修理を手掛ける業者選びは十分吟味する必要があり、保険がおりるからと言って
修理技術の有無も問わずに発注しては今後の憂いを残すことになります。

まずは雨漏りの侵入口を確認して根拠に基づいて工事をする事が必要であり
雨仕舞に正しい知識があるかどうかが、工事を成功させる重要なポイントと言えるでしょう。