大阪市平野区で雨漏り修理です。
お客様の話では、ある工務店に雨漏り修理を頼んだところ、
屋上の床が原因だろうという事で床の防水工事を行ったようです。

ですが、雨漏りは改善されず、工務店が
色々な部位にシーリング(コーキング)補修をしても止まらず、
最後は、「弊社は防水工事をしただけなので、雨漏りとは関係ありません!」
とのこと。・・・ほんと、すごい開き直りですね(^^:)・・ある意味、メンタル強いわ。(苦笑

IMG_5488

私が散水調査をしたところ、
原因は塔屋の屋根と壁の取り合いに問題がある事がわかりました。
なので、屋上に上がる棟屋の屋根・屋上内側(2面)の壁を外して施工。

IMG_5486 IMG_5750
散水調査:写真               壁材撤去(壁材内部さび)

壁を剥がしてみると、雨水が壁に回り込み、壁材内部は錆びている。
軒の出幅が無い事で吹き降りの雨水の浸入を気にしたのか、壁材(サイディング)
の先端を外側に折り曲げ、唐草の下端に差し込んでいました。

まぁ、この処置は
悪くは無いといえば悪くはないのだが、実はこれが裏目に出てしまう。

IMG_5754 

透湿防水シートはあるものの、
窓廻りなどに貼る防水テープの処理は何故か無し。・・・

既存の状態は
鉄骨と間柱の上に直接、透湿防水シートを施している。
この場合、決してNGではないのだが、3F屋上で風雨の影響を
受けやすい環境を考慮し、水切りラインより高い位置まで防水を施工する事にした。

なので、一旦はサッシを取り外してからコンパネ下地。
ついでと言ってはなんだが、立ち上がりとサッシ下端にも防水を施工した。

これでサッシ枠内部に雨水が浸入して滴下しても
下端の防水層を通って外部に排出する仕組みが出来上がった。(^^)

 IMG_5767 IMG_5771
コンパネ下地                 立ち上がり防水施工(グレー色)

軒ゼロの雨仕舞のため、
壁を先行させて工事を進めていく事にしました。(^^)

壁を解体すると、
屋根下地の野地板(コンパネ)が寸足らず
野地板より壁が外にはみ出している事が分かり、・・・
まずい位置は、新しく屋根下地の野地板を継ぎ足していく。

IMG_5807 IMG_5790 (1)

てぇ、・・・その前に
屋根材を外して防水の納まりを確認したところ・・・
軒先の唐草(左下写真:赤矢印)の下に防水材(黒色)が施工されている。

IMG_5785 IMG_5793 (1)
既存屋根材を解体:写真右側が軒先       防水材を施工:片流れ屋根:写真左側が棟    

軒ゼロということもあるが・・・
防水材が唐草の下にある事で、雨水を壁内部に引き込んでいた事が主な原因。

悪気は無いだろうが、サイディングの折り曲げが唐草に
差し込んでいる事で、さらに雨水を外に逃がさない状態を作ってしまった残念な結果。・・

WS000040

いずれにしても、このような不思議な納まりは
散水調査でなく、実際に解体して確認しなければ分からない。(^^)

まぁ、
調査時にガンガン解体できれば完璧に把握できるが、そうもいかない。
なので、解体すると思わぬ魔物が飛び出す・・ここが雨漏り修理の怖いところなのだ。

 

基本、他人の不具合を公開し・・・
「自分はいい仕事はするが、他の人はひどい仕事をする!」
などの誤解を受けるような、ひねくれた投稿はしない様に心がけている。

むしろ、ブログで一部公開する事で、
雨漏りを治すのは大変な事で、中途半端な工事をすると
更に状況が悪化していく事を、一般の人に理解してもらう趣旨が強い。

が、・・・
誤解を恐れず、あえていうと・・・
この案件の無神経な納め方は、・・・ほんとムカつく。 ┐( ̄ヘ ̄)┌