はじめて雨漏りを体験するとショックだと思います。
色々な計画を立ててたのがすべて狂ってくるわけですから
出来るだけ出費は避けたいところですね(^^)
そこらへんを踏まえて調査の結果から修理をするわけですが
部分補修でおさまらないものもあります。
今回は下屋根の雨漏りで
防水紙からの貼り替えと瓦の葺き替え工事です。

s_2014_0825_154956-DSC04269

こちらは別の案件でRC(鉄筋コンクリート)からの雨漏りの再現です。
RCは水の浸透に時間がかかるため簡単には再現ができないので
侵入経路の仮説が大事な判断になります。
おそらく建物の構造別で分けると
一番むずかしい調査の部類にはいるでしょうね(^^)

s_2014_0821_105612-DSC04249

あっ!そう言えば先日、立体駐車場の工事でクレームがありました
魂をこめて塗りこんでもこんな時があるんですね・・・

s_2014_0806_154542-DSC04197

塗装の最後にステッカーを看板屋さんに制作を依頼して
現場で貼り付けるのですが

s_2014_0820_104220-DSC04244

工事終了後にマンションの自治会の方から連絡があり
「消火口の火が、化けるになってますよ・・・」て
はっきり言って俺も職人さん達も全然気がつかなかったです(^^;)

s_2014_0820_142715-DSC04245

もちろん恥ずかしいので看板屋さんに無理を言って次の日に直しました。
言い訳ですが・・・きっと夏の暑さのせいです・・・
決して漢字を知らんかった訳ではありません・・・たぶん(苦笑