家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?グラスサラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

天井のシミについて

  • HOME »
  • 天井のシミについて

天井のシミ=雨漏りと考えてしまいがちですが、
「全て雨漏りか?」というと、一概には言い切れません。

調査することなく
屋根工事をしたが、「また天井から雨漏りが発生した!」
などの理由で、私に見てもらいたい(他社の工事)と、問い合わせを頂きます。

ではどのような事が原因で
天井にシミやカビが発生するのでしょうか?
雨漏り以外の例を簡単に以下に挙げていきます。(^^)

 

1.部屋内部の湿度の高さ

加湿器を使い、冬場の空気乾燥を解消する事は
インフルエンザ対策に友好的な方法ですが、水を
沸騰させて蒸気に変える事で湿気を多く含みます。もちろん、
定期的に窓を開けて空気の入れ替えを心がければ問題は無いようですが
締め切ったままだと、カビの原因になるようで、天井材にカビが生えるとます。

 

2.屋根裏内部の金属と結露

積雪や放射冷却でみられる結露。
結露は冬場に起こることが多く、室内の暖房
暖められた暖気は上昇し、天井を抜けて屋根裏に到達します。

しかし、屋根裏は
外気の影響を受けて冷えているので
湿った暖気が屋根裏の金属等に冷やされて水蒸気となり、
金属の表面で水滴となって留まり滴下すると屋根裏にシミが確認されます。

 s_DSC04495

 

 3.小動物の糞尿

ネズミやハクビシンなど
小動物の糞尿が天井のシミになって表れる可能性があります。
この場合、匂いや天井裏で音がするなど、ある程度は住んでいる方に
分かるようです。ただ、私の会社では屋根裏の確認が出来ても小動物の
駆除はやっていないので駆除の専門業者に発注してくださいね。・・・(笑

 

確認をする。・・・

雨漏りか違う理由かを
確認するには屋根裏に上がる必要があります。
屋根裏に上がるためには点検口を設ける必要があります。

s_DSC04714
写真:点検口

屋根裏内部から
雨漏りの痕跡を確認して結論に到達します。
この様にお話しすると、雨漏り・結露・小動物の糞尿の違いを
簡単に確認できるように思えてしまいますが、実は簡単な事ではないです。

IMG_4208  s_10939264_839171856145592_781257438_o
写真:屋根裏雨漏りの痕跡

たとえば、
天井裏の野地板にシミがあったとします。
しかし、野地板のシミがもしかしたら新築当初
輸送時に何かしらの理由で濡れて出来たシミかもしれないからです。 

これを何通りか見定める方法があり、
これらの方法を駆使して確認していく必要があります。
なので、簡単なようで簡単では無く、天井にシミが出来たからといって、

 修理を簡単にしない事・・・

 

そういえば去年
天井のシミで問い合わせがあり、調査の結果から
雨漏りで無い事を結論づけたお客様から屋根と外壁の塗り替え工事を頂きました。

雨漏りで無い事を伝えて
問題が無いので帰ろうとしたところ、
お客様より引き留められ、塗り替えの見積もり依頼を頂いたのがきっかけです。

IMG_5081 (1) 

 工事終了後に
「大満足ですよ坂元さん!」と言われたことが本当に嬉しかった
まずは原因をしっかりと確認する事が大事です。

image005

 えっ!、塗装が出来るのと思われるかもしれませんが
雨漏り診断士でもあり、塗装技能士1級の資格もしっかり持っています。
いまでも、塗魂という塗装のボランティア活動に参加してます。(^^)

 

 

 

>>ホームへ戻る
cv_bnr
PAGETOP
Copyright © (有)グラスサラ All Rights Reserved.